新着情報

◆2016/04/20
洗顔に悩む方へ「洗顔石鹸のメリット・デメリット」の情報を更新しました。
◆2016/04/14
普段からスッピン生活するにわ!を新規投稿しました。
◆2016/04/14
洗顔石鹸のメリットとデメリットについてを新規投稿しました。
◆2016/04/13
乾燥を防ぐためにも洗顔にはセラミド配合の洗顔石鹸をを新規投稿しました。
◆2016/04/11
体のかゆみに悩むあなたへ。洗顔石鹸で体を洗うススメ☆を新規投稿しました。

洗顔に悩む方へ「洗顔石鹸のメリット・デメリット」

「肌の調子が良くないのは洗顔のせい?」「今、洗顔フォームを使っているけれど、肌荒れが気になる」など、肌の悩みを持つ人は多いと思います。
洗顔方法を変えてみたいと思っている人や、洗顔石鹸が気になる人のために、調べてみました。

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いは?

まずは、洗顔の主流である洗顔石鹸と洗顔フォームの違いを見ていきましょう。
大きな違いは、成分です。洗顔フォームには、「合成界面活性剤」が含まれています。
「合成界面活性剤」とは、水と油の境界面を、混ぜて乳化させるために化学合成したものです。

日常会話では使わない言葉ですので、あまりピンとこないかもしれませんが、シャンプーや食器用洗剤にも含まれていて、それらが泡立つ理由は、「合成界面活性剤」が含まれているからです。
特徴としては洗浄力の高さで、その分、肌へのダメージが大きく刺激が強いため、使う人を選びます。
また、汚れや余分なものだけでなく、流せるものは全て流すほどの成分ですので、注意が必要です。

一方、洗顔石鹸は「合成界面活性剤」が入っていないので、肌への負担が少なく皮脂を残しながら、洗うことができます。
参考サイト:おすすめ洗顔石鹸
次のメリット・デメリットでさらに詳しく見ていきます。

洗顔石鹸のメリットとデメリットは?

メリットは、天然オイル成分を加えて作られているので、肌への余分な刺激がない分、安心して使えることです。
皮脂を落としすぎることがないので、乾燥も防ぐことができ、結果、肌の老化を遅らせることも可能になります。
乾燥は、肌の老化の一番の原因になりますからね。

ただし中には洗顔石鹸といっても「合成界面活性剤」が含まれることがありますので、注意が必要です。
パッケージの裏面や側面の成分をチェックしてください。

肌への負担が少ない洗顔石鹸は良いことしかないのかというと、そうではありません。
デメリットもあります。

洗顔石鹸は、洗顔フォームと違い洗浄力が弱いので、場合によっては2回洗顔が必要なことがあります。
例えば、メイクを落とすときです。そして、洗顔石鹸の洗い上がりはつっぱります。
これは保湿成分が入っていないからです。
また、肌に石鹸カスを残すと肌トラブルにつながりますので、しっかりすすぐことが大切です。

洗顔石鹸と洗顔フォーム、どちらを選ぶとよい?

洗浄力の高い洗顔フォーム、肌への余分な刺激がない洗顔石鹸、どちらもメリット、デメリットがあります。
洗い上がりも違うことから、好みはあると思いますが、肌への負担を考えると、洗顔石鹸の方が良さそうです。
洗顔は毎日のことですから、どのようなものを使うかによって、先々の人生も変わってくると思います。
また、化学成分を気にすることなく使えることから、敏感肌に悩む方や赤ちゃんにも使えます。

泡立ちの少なさが気になるときは、泡立ちネットを活用するといいでしょう。
100円くらいのネットでも、十分に使うことができます。

最後に

季節によって、年齢によって肌は変化します。
それは今までの洗顔を見直すためのいいチャンスかもしれません。
肌荒れの原因が、合わない洗顔だったということもあります。
これをきっかけに、自分に合う洗顔方法を探し、トラブルのない健康的な肌を目指しましょう。