ニキビに悩んだら洗顔石鹸に変えよう

若い頃の肌の悩みとして、ニキビがあります。これは、男子でも女子でも起こりますし、その程度もさまざまです。ニキビも赤ニキビや白ニキビなどありますし、ひどくなると病院へいくなんてことにもなります。ニキビといっても、バカにはできませんし、本人には悩みは大きいものです。

ニキビに悩んだら、洗顔石鹸に変えてみよう

まず、ニキビができる理由は、毛穴が詰まってしまうことです。詰まる理由も皮脂がたくさん出てしまうことやホコリなどがたまってしまうこと、洗顔料の残り、古い角質が残ってしまうことなどがあります。若い頃だと、なおさらニキビが起こりやすくなってしまうのです。

そうしたニキビですが、洗顔フォームを使っていてもなかなか改善されなかったりもします。またニキビが出ることもあります。洗顔フォームでは、なかなかニキビ改善にならないことも見られます。そんなときには、洗顔石鹸に変えてみると良いでしょう。
というのも洗顔石鹸のほうが、過剰に角質や油脂を落とすことはありません。洗顔フォームで油脂を落としすぎると、余計に油脂が分泌されて毛穴を詰まらせることがあります。洗顔石鹸では、これが改善されるので、詰まりを防ぐことにもなるのです。
また、洗顔石鹸だと泡が細かくなっていたり、吸着力も洗顔フォームよりもあるので、汚れのみをしっかりと落とせるようにもなっています。

とはいっても、洗顔石鹸を使ってもゴシゴシと顔を洗ってはいけません。泡をしっかりとたてて、短時間で顔を優しく触れながら洗うのです。あと、しっかりと泡を洗い流すことが大切です。
正しい使い方をすれば、洗顔石鹸でニキビもキレイにできるでしょう。まずは洗顔石鹸へと変えてみましょう。