体のかゆみに悩むあなたへ。洗顔石鹸で体を洗うススメ☆

体のかゆみって地味につらいものですよね。

顔に比べれば、別に見えない場所だし~、なんて躊躇なくバリバリボリボリかきむしってしまって、ふと気づけば肌が無惨なことになっていたりして…(;・∀・)
外出先でかゆみにおそわれて、かくにかけなくてムズムズするのもつらい!!

体のかゆみは乾燥によるものです。

そこで、当たり前にしている日常の行為を見直して、体の乾燥を解消してみませんか?

顔みたいに体ももっと優しく

多くの人が体を洗う時、その名の通りボディーソープを使うかと思います。

これを洗顔石鹸に変えてみましょう!というお話です。

ボディーソープには洗浄力の高い界面活性剤が入っています。これが肌にとってとても刺激が強いのです!
毎日のようにこのボディーソープをナイロンタオルなんかにつけてゴシゴシ
こすっていれば…そりゃあ、良くないですよ…(´・ω・`)

皮脂膜や角質層の保湿成分を削りとっているようなもので、肌の乾燥を助長する行為なのです!!

一方、洗顔石鹸はやはりその名の通り、他より皮膚も薄くデリケートな顔を安全に洗うことを考えて作られているもの。

ということは当然、顔だけでなく、体にも使ったって悪い訳はないのです!

ナイロンタオルの使用も見直したほうがいいでしょうね。あのガサガサ生地で肌をこすると、せっかくの洗顔石鹸で体を洗う効果が薄れてしまいそうです。

顔と同様、しっかり泡立てて手のひらで洗うのがオススメですね♪

洗顔石鹸で体を洗う欠点を考えてみると…

いくら肌に優しいからと言っても、脂性肌~普通肌の人には向かないでしょう。
上記したように、ボディーソープに比べれば洗浄力が低いので、さっぱり感が得られず不満かもしれません。

あくまで乾燥肌の改善に効果的なのです。

あと、洗顔石鹸は比較的値段が高かったりするので、毎日体にも使うとなると、経済的に少し響くことになるかもしれませんね…(´・ω・`)

体の乾燥は、お風呂上がりに、例えばボディーミルクなどで保湿すればいいのでは?という声もありそうですが、せっかくキレイに洗った体に何かつけるのは嫌だ!という人も少なくないかと思います。

そういう方たちには是非、洗顔石鹸で体を洗ってみてほしいですね!

顔と体がひといきに洗えるという利点もありますよ。笑