洗顔石鹸のメリットとデメリットについて

洗顔石鹸を使用しての洗顔

洗顔をするときに使用する洗浄料は、洗顔フォームや洗顔石鹸がポピュラーなものだと思います。この洗顔石鹸を使用して洗顔を行うと肌にはどのような効果があるのでしょうか。また洗顔石鹸のメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

洗顔石鹸のメリットとデメリット

洗顔石鹸には、界面活性剤が含まれていません。この界面活性剤は洗顔フォームには多く含まれており、水ですすぎを行っても肌の表面に残ってしまいます。肌の表面に残った界面活性剤は角質を剥がしてしまうことになるので、肌を傷める原因となってしまいます。洗顔石鹸にはこの界面活性剤が含まれていないので、肌への刺激と負担が少なく、余分な皮脂まで洗い流してしまうということはありません。洗顔石鹸のいちばんのメリットは、肌に優しいということです。これに対しデメリットには乾燥したすいという点が挙げられます。洗顔石鹸を使用して洗顔を行った後、肌がつっぱるような感じを受けることがあります。これは、洗顔石鹸には余分な皮脂や汚れを落とすための天然成分しか配合されていないため、日頃の保湿ケアが不十分だと肌が乾燥してしまうためです。また、汚れをよく落とそうと念入りに肌をこすったり、すすぎが不十分だったりした場合にも、肌の乾燥や肌トラブるが起こるというデメリットがあります。これは洗顔石鹸は多くがアルカリ性であるため、弱酸性の肌に対する強い刺激となってしまったり、石鹸カスが肌の表面に残って刺激となってしまうためです。洗顔石鹸を使用しているときは、保湿ケアを念入りに行い、アルカリ性である石鹸が肌に触れる時間を短くする必要があります。

保湿ケアと念入りなすすぎが大切

乾燥を防ぐために、保湿成分を配合している洗顔石鹸を使用すると、洗顔後のつっぱりを防ぐことができます。石鹸の泡は短時間で十分に効果があるので、長く強くこするようなことはせず、優しく軽くマッサージするように洗うようにします。念入りにすすぎを行い、保湿ケアをしっかりと行えばデメリットの影響は受けなくなります。